人だから相性も見れるからいいかも

受験対策、授業の復習など様々な理由で家庭教師を雇いたいと考えることがあります。その雇い方には大別すると2通りあり、個人契約をする方法と大手のネットワークから派遣してもらうという方法です。個人契約では仲介手数料がかからないなどの金銭的メリットや授業の日時に関するフレキシビリティーが高いなどの利点がある一方で、家庭教師と生徒あるいは両親との間で相性が合わなかったり、目的意識がずれてしまったりした場合に新しく別の人を捜さなければならないというデメリットがあります。一方で、大手のネットワークから派遣してもらう場合にはかなりの数の家庭教師が準備されているので、何かトラブルがあったときにはそのトラブルに応じて速やかに代替の家庭教師を紹介してもらうことが可能です。これは採用時にも同様のことを言うことができ、何回か別の家庭教師から面接と体験授業を受けて、相性のよい組み合わせを探すということが容易なのが大手ネットワークに依頼する大きなメリットです。その分だけ仲介手数料がかかるなどの費用的負担は大きくなってしまいます。しかし、長い期間付き合いを続けなければならないということを考えると特に生徒本人との相性がよいかどうかという点は必ず気にしなければならない点であり、生徒が率先して授業を受けたいというような関係を樹立することが勉強の効率を上げるためにとても重要な要素になります。塾や予備校に通って一対多の授業を受けるのとは異なり、一対一での授業になるので、万が一嫌になってしまった場合には逃げ道も何もなくなってしまい、生徒が苦しんでしまうことは眼に見えているからです。生徒も家庭教師も喜んで授業ができるような環境を作るためにも、はじめに相性のよい家庭教師を選ぶことができ、必要に応じて変更することも可能である大手のネットワークを利用する方が無難な方法であり、多少のコストを払ってでも選ぶべき選択肢でしょう。