子供の時間に合わせてもらえるのはいい

受験対策のために新たに子供に学習時間を設けたいという時には選択肢がいくつかあります。主なものは塾に通うか家庭教師を雇うかという方法です。塾に通う場合には授業を行う時刻が定められており、その時間に拘束されて塾に向かわなければならないため、他に習い事があったり、家庭でご飯を一緒に食べたかったりした場合には不都合が生じてしまうことは少なくありません。その点では、家庭教師を雇うのが有利であると言えます。なぜなら、子供の都合に合わせるのが家庭教師側の鉄則であり、特に大手のネットワークから派遣を依頼した場合員は本人に頼みにくくても派遣会社経由でそういった指示を伝えることができるからです。 家庭教師を雇う方法にも個人契約と大手のネットワークからの派遣を利用する方法があります。こういった時間の都合に関してはいずれの方法にも一長一短な面があります。個人契約の場合には仲介業者を通す必要がないため、速やかに変更を伝えることができますので、子供の予定が大きく変わりやすい場合には便利です。しかし、個人で行っている都合上、空いている時間があるとは限らないため、キャンセルはできても都合を合わせることができるかは不透明な面があります。また、直接依頼することから頼みにくいということも懸念される点です。それに対して大手のネットワークを介した場合には、情報が伝わるのは少し遅くなりますが、直接コンタクトがとる必要がないため、特にキャンセルの場合には伝えやすいということが挙げられます。また、教師側の都合がよいときを教えてもらって代替の授業を入れてもらうことも比較的容易であり、その際に子供の都合に合わせることが可能です。こういったことがシステム化されている分、大手のネットワークから派遣してもらっていると気軽に変更を行うことができます。家庭教師を雇う際にはこういった変更に際してかかるストレスも考えてどちらで契約をしたらよいかを考えておくと無難です。