大手さんだと人数もたくさんいるから

受験対策や学校の授業のサポートのために家庭教師を雇うというのは、生徒にとって気軽に質問できる先生を身近に置くことができるという点でとても学習効果を高められると期待できる方法です。しかし、それを実現するためには生徒と家庭教師の相性や目的意識がうまく合致し、生徒も勉強したいと思うようになり、家庭教師も生徒のためによりよい授業をしてあげたいと思うような状況を作ることが大切です。すなわち、成功の鍵は生徒に合った家庭教師を選ぶことにあります。 家庭教師を探す方法としては主に2通りあり、個人契約の募集を探すか、大手企業のネットワークから派遣してもらうかという選択になります。個人契約の場合には仲介手数料などがなく、比較的安価に雇うことができるというメリットがありますが、仲介してくれる業者がいないため、トラブルが生じたり、相性が合わなかったりした際に契約の破棄を切り出しづらかったり、次の教師を捜すのに手間がかかったりするデメリットがあります。一方で、大手のネットワークを利用すると仲介手数料がかかってしまうため、初期費用、月あたりの指導料ともに幾分高くなってしまいますが、大人数の家庭教師の中から面接や体験授業を行うことによって選ぶことができます。このため、はじめから生徒と相性のいい教師を選べる可能性が高まるというメリットがあります。また、授業を受けて行く中であまり相性がよくなかったり、目的意識に齟齬が生じたりしてしまった場合には交代を依頼することができる企業もあり、再度大人数いるバックアップの中から別の家庭教師を選定することが可能です。こうすることによってトラブルが生じた場合にもすぐに新しい人に切り替えられるため、生徒が気の合わない教師と一緒に過ごさなければならないという事態から速やかに脱却できるのです。このように、大人数のバックアップがいることが大手のネットワークを利用して派遣してもらうことのメリットと言えます。